山口県下関市の下関リハビリテーション病院の看護部についてご紹介します。ほかにリハビリテーション科、放射線科、医療連携室、薬局、栄養科もございます。

  • サイトマップ
  • リンク集
文字サイズ変更小標準大

各科紹介

看護部

回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟とは

回復期リハビリテーシ病棟とは、脳卒中、脊髄損傷、下肢の骨折等で急性期の医療を要する時期が終了しても、なお自宅復帰のために集中的なリハビリテーションアプローチが必要である患者様に対して、従来の機能訓練だけのリハビリだけでなく、病棟生活全般を含めて非常に高度なリハビリテーションアプローチを行なう病棟です。

回復期リハビリテーション病棟の対象患者様
  疾患 発症から入院 算定期間
1 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日
2 高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む外部位外傷 2ヶ月以内 180日
3 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症又は手術後の状態 2ヶ月以内 90日
4 外科手術又は肺炎などの治療時の安静により生じた廃用症候群(※)を有しており、手術後又は発症後の状態 2ヶ月以内 90日
心臓リハビリテーション
・急性発症した心大血管疾患又は心大血管疾患の術後
急性心筋梗塞、狭心症、開心術後、大血管疾患(大動脈解離、解離性大動脈瘤、大血管術後)
・慢性心不全、末梢動脈閉塞性疾患、その他の慢性の心大血管の疾患
2ヶ月以内 90日
5 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後の状態 1ヶ月以内 60日
6 股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日

廃用症候群【不動症候群・運動不足病】とは
筋力低下、関節可動域制限、起立性低血圧、心肺機能低下、精神機能低下を指します。

ナイトレクレーションの実施について

当院では日中は個別・集団リハビリテーションやレクレーションなどで患者様に、より活動的な生活環境を提供しています。しかし夜間は日中のようなスケジュールがない為就寝時間が早く、早期覚醒を引き起こしている例が多く見受けられました。そこでナイトレクレーションなるものを開始致しました。19:00〜21:00の間、各階食堂に設置されたプロジェクターにて患者様の要望に合った映画を上映しております。ナイトレクレーションを実施することにより中途覚醒及び早期覚醒が減少し、入院前の睡眠パターンに近づくことが出来ました。下の写真はナイトレクレーションの模様です。

ページのトップへ

HOME病院案内各科紹介お問合せ・ご相談採用情報

交通アクセスお見舞いメールシモリハブログリンクサイトマップ個人情報の取扱について

下関リハビリテーション病院
〒750-0064 山口県下関市今浦町9番6号 TEL:083-232-5811 FAX:083-232-0219

Mail:info@shimoreha.jp

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士によるリハビリなら下関リハビリテーション病院。