• 標準
  • 大
  • 特大
お知らせ
HOME >  下リハペンリレー9

下リハペンリレー9

『奇跡の歯医者さん』

 

 私は約10年前に手足が不自由になって以来、ドイツ製の最高級(!)電動歯ブラシを使い始めました。

そのおかげで歯の表面は驚くほどツルツルになり、歯茎との間から出血することもなくなりました。

 

しかし、そこには重大な欠点が隠されていたのです。

 

6年間ほど歯医者さんに行ってなかったのですが、先日、奥歯の詰め物が突然ボロッと取れてしまいました。

仕方なく歯医者さんに行ったところ、何と17本もの虫歯が見つかったのです。

歯間ブラシを使っていなかったため、歯と歯の間がことごとく虫歯になっており、さらに金属製の詰め物をしていた奧歯は詰め物の奥が虫歯になっていたのでした・・・。

 

 ちなみに私は歯医者さんが大嫌いです。

その理由は、麻酔の注射の痛み、歯を削る音、神経に触ったときの激痛、1本治療するのに何度も通わないといけないなど数え上げればキリがありません。

 

歯の治療は私にとって一種のトラウマでした。

 

 

さあどうしたものかと悩んでいたところ、松山の学校に通っている息子から電話があって、自分が通っている歯医者さんは全く痛くないとのこと。

 

半信半疑でその歯医者さんに電話をしてみると、麻酔の注射は痛くないこと、4日あればほぼ全ての虫歯を治療できる事、さらにバリアフリーで車いす用のトイレもある事を告げられました。

 

北九州の歯医者さんに片っ端から電話をして確かめたところ、どこにもそれに匹敵するところはありませんでした。

 

意を決した私は松山に行く決心を固め、4日連続で予約を取り、病院には夏休みを頂いて松山へ向かいました。

 

 第1日目、診察台に乗せられた私は麻酔の注射に怯えていました。院長先生の「ちょっと痺れまーす」の声に続いて注射がチクーーーッと。

あれっ痛くない??極細の針を使っているため全く痛みを感じないとのことでした。

 

さらに口を開け続けていると顎が痛くなるのですが、開口器を使用するためその苦痛もありません。

 

さらにさらに、虫歯を削り歯根の治療を終え、歯の型取りをして待つ事20分、なんとその場で義歯が出来上がりました。

きちんと接着し微調整して約3時間の治療が終了。この日だけで4本の虫歯治療が終わりました。

 

さらにさらにさらに、治療中も喉に水や唾液が貯まらないように上手に吸引してくれるので、この長時間の中でうがいをしたのはたったの3回!!

全てがあり得ない体験です。

 

あまりにも痛くないため4日目には不覚にも治療中に寝てしまっていました。

 

結局4日間で合計15本の虫歯治療を終え、丁寧に感謝の意を伝え大満足で私の夏休みは終わったのです。

 ちなみに現在は、歯間も磨けるらしい(?)超音波付きの日本製超最高級(!!)電動歯ブラシで毎日ブラッシングしています。

今回は「奇跡の歯医者さん」のお話でした。皆さん歯間磨きは大事ですよ。

 

医師 小川 浩一

 

【次回は、リハビリテーション科 饗場係長にバトンタッチ!】

PAGE
TOP