• 標準
  • 大
  • 特大
お知らせ
HOME >  待機状況を更新しました

新着情報 一覧

待機状況を更新しました

採用情報を更新しました

採用情報を更新しました。

 

 

ご不明な点などございましたら

お気軽にお問い合わせ下さい。

総務課 直通TEL.083-232-3205

病院実績を更新しました

病院実績の実績指数を更新しました。

通所リハビリのデータを更新しました

通所リハビリのグラフを更新しました。

平成30年度入退院患者数のグラフを更新しました

面会時間延長のお知らせ

7/17より面会時間を延長します

シャトル便運休について

シャトル便運休について詳細はこちら

オレンジVol.20(季刊誌)です。

オレンジVol.20(季刊誌)です。

詳細はこちら(PDFファイルが開きます)

家族教室を行いました

今回は「排泄管理(排泄の仕組み・オムツ交換について)」です。

「在宅での排泄介助をもっと楽に」~困ったことをパッと解決 見て聞いて試して最新おむつの性能~

という演題でアテントの坂梨さんに講義していただきました。

  

まず排尿のメカニズムについて説明後、

体型にあったおむつの選び方、

ADLにあったおむつのタイプの選び方、

排尿量に合わせたパットの選び方の説明がありました。

その後模型を使用し、漏れにくいおむつの当て方について詳しく説明がありました。

ポイントは『ギャザーの当て方』にある、とのことでした。

最後によくある漏れの例と対策について説明があり

『重ね使いは漏れの原因』と言われていました。

病院周辺のおむつの購入ができるお店の説明もあり、

参加者の方より『わかりやすかった』との声がありました。

 

次回は、7月14日(土)13時より

テーマ「介護・介助指導①(寝返り・紀居動作・立ち上がり・歩行)」です。

ICLS研修会を行いました

ICLSとは、医療従事者のための蘇生トレーニングで

「突然の心肺停止に対する最初の10分間の対応と適切なチーム蘇生」を

習得する事を目標として、講義後、少人数のグループに分かれて

実際に即したシュミレーション実習を行いました。

突然の心停止を生じた人の予後は、

倒れてからの10分間の対応で決まってしまいます。

病院スタッフ誰もが標準的なスキルとして

心肺蘇生の技術を身に付けておく必要があります。

参加者は43名でBLS、気道管理および挿管、除細動器の使用について

カテゴリーに分けて行いました。

BLSは発見時の意識確認からの全体の流れおよび胸骨圧迫のポイント、

除細動器は基本的な操作方法(接続から放電までの操作方法)、

気道管理は気道確保の方法おびBVMの理解について

焦点を当てて行いました。

最初は緊張していたスタッフも目の輝きを増し達成感のある顔で

終了することができました。

病院職員全員が質の高いCPRを実践できるよう

繰り返しシュミレーション実習を計画していきたいと思います。

PAGE
TOP